洗顔

洗顔は、毎日何気なく行っている方も多いと思います。外気の埃や雑菌、分泌された皮脂などをきれいに落とす洗顔は、美肌を保つために1番重要なお手入れだと言っても過言ではありません。

顔についたゴミや汚れを落とすため・肌を清潔に保つために、毎日の洗顔は欠かせません。しかし、洗顔を手抜きしたり、間違った洗顔を続けていては、肌の状態を改善することは出来ません。ここでは、きれいな肌にするための洗顔方法を紹介していきます。

1.まず、手全体をきれいに洗います。(手が汚れていると泡立たないため)

2.毛穴を開くため、一度ぬるま湯で顔全体を洗い流します。(温度の目安は 普通肌で30〜34度 脂性肌で32〜36度 乾燥肌で26〜28度 混合肌で28〜32度)

3.洗顔料をよく泡立てます。(泡立ちにくい時は市販の泡立てネットなどを使うと便利です)

4.顔を洗います。アゴの先→アゴ骨にそって外側→眉毛の上やおでこの部分の順に泡をなでるように置いていきます。一通り泡を置いたら、指の腹でなでるように洗います。(脂性肌の人で2分、他の肌タイプは1分以内で洗うのがポイント)

5.ぬるま湯をたっぷり使って洗い流します。(水温が冷たすぎると毛穴が開かず汚れが取れませんし、熱すぎると皮脂が余分に取れてしまいますので、洗顔後のすすぎは、なるべくぬるま湯で行うようにしてください。すすぎ残しのないように!)

6.タオルで拭く(拭くときは、決してゴシゴシとこすらないようにすること。水分をタオルに吸収させる感じで優しく拭きます。)

土台