ファンデーション

ファンデーションは、肌をきれいに見せるためや顔色を良く見せるのに使用し、毛穴やシミなどを隠す効果や、肌色を均等に整える効果があります。ファンデーションは、美しくメイクするためのベースとして必要不可欠であると言えます。しかし、高価で上質なファンデーションを使用していても、使い方やメイク方法を間違えてしまっていれば意味がありません。正しいメイク方法を覚えましょう。

ファンデーションで肌をきれいに仕上げるコツは色々とありますが、1番大切なのはファンデーションを塗る前に、下地で肌色や肌質を補正しておくということです。肌の凹凸やシミ、毛穴などを隠したり、肌色を調整しておくことで、ファンデーションをさらにきれいに仕上げられます。

ファンデーションは、グラデーションをつけて塗っていくことで、顔に立体感を演出することが出来ます。両ほほと額の3点に置いたファンデーションを外側に伸ばし、残った分で目や口の周りを塗ります。後に塗られた部分ほど薄付きになり、メリハリを表すことが出来ます。

また、ファンデーションには、紫外線をカットしたり肌の乾燥を抑えたりする効果を持つものもあります。ファンデーションの種類は大きく分けて3つあります。

・固形タイプのパウダーファンデーション
固形タイプには水ありタイプ、水なしタイプ、2WAYタイプがあります。手軽さが魅力で、メイク初心者にもおすすめです。

・クリーム状のクリームファンデーション
油分がクリーム状になっているもので、カバー力に優れています。保湿に優れている反面、脂性肌の人には適さないというデメリットもあります。

・液状のリキッドタイプ
スポンジや指で塗りますが、最近ではスプレータイプもあります。肌をきれいに見せる効果が高く、耐久性も高いタイプです。

他には演劇などで使われるドーランや、部分的に補正するタイプのコンシーラーなどがあります。

土台

http://richidad-office.com/金持ち父さん貧乏父さんの秘訣を実践
http://richidad-office.com/