奥二重の化粧

奥二重も一重と同様で、まぶたがはれぼったい印象がありますが、メイク方法は違ったものになります。二重や一重にはぴったり合うメイクも、奥二重ではしっくり来ない…ということも少なくありません。まぶたが重い奥二重の人にとっては目力がとても大切ですので、特にぱっちりとした印象の目元にするのがポイントです。

奥二重にとってアイライナーは重要です。ペンシルタイプのものよりも、くっきりと効果の出るリキッドタイプが良いでしょう。塗り方はまつ毛の隙間を埋めるように太く引くと目が大きく見えます。上まぶたにアイラインがつかないように、まぶたを上に引っ張ってラインを引くことも大切になります。

アイシャドーは、一重メイクと同様に暖色系は腫れぼったく見えがちです。また、クリームタイプですと、時間が経つと二重のラインにたまってしまうことがあるので、パウダータイプの方が良いでしょう。

明るめと暗めの2色使いで、暗めの色を目尻から中央、目尻から外側、下まぶたの目尻から中央の部分にぼかした後に、明るい色でまぶたをぼかすと立体的になります。色は肌になじむブラウン系が良いでしょう。ブルー系やブルー寄りのグリーンなどを使うと、印象的な目元を主張できます。

マスカラはボリュームタイプとロングタイプのどちらも使いましょう。まずボリュームタイプでまつげを濃くしてロングタイプで長さを出します。下まつ毛にも広げるように塗ると目が大きくみえます。目尻側のまつ毛を外側に上げ、マスカラを重ねて強調するときれいに仕上がります。

各化粧方法

犬のしつけ教室について
http://pethoteltokyo.com/gyogi-page.html

こどもの排便・うんちについて相談しました
患者の気持ち