就職活動中の化粧

就職活動ではやはり第一印象が大切です。好印象を与えるためにも、清潔感があり好感の持てる化粧が望まれます。

就職活動中の化粧では、健康的な表情の演出が必要なので、ナチュラルメイクが基本になります。

まずファンデーションですが、顔色を良く見せるために薄付きで明るい肌色に仕上げます。厚塗りは不自然に見えるので避けましょう。首元の色と顔色が異なるのは、化粧の濃さを感じさせる要因になりますので一体化するように意識してください。また、肌トラブルは不規則な生活を連想させますので、厚ぼったくならない程度に部分的にカバーすると良いでしょう。

チークも濃い色は避けるようにします。パステルカラーなどの、明るく、濃すぎない色を頬の中央にほんのり入れ、自然な血色感を出します。

アイシャドーはブラウン系などの暖色系を使用して、アイラインもあまり目立たないように描きましょう。マスカラは派手にならない程度に塗りましょう。ビューラーでしっかりまつ毛を上げて目力を上げるようにすることをお忘れなく。

唇の色が極端に薄いと引き締まりませんので、ベージュなどが入ったような色味の落ち着いたものを少し塗りましょう。グロスだけの唇は子供っぽく見えるので良くないようです。

メイク以外でも髪の毛やスーツなども、大人らしい印象になるよう注意しましょう。 また、就職活動の時期になるとメイクアップ講座なども行われます。プロが指導してくれてためになるので、利用してみるのも良いでしょう。

各化粧方法