パック

パックとは、顔の毛穴をひきしめたり、肌を潤すのに使用するものです。パックの本来の目的は角質層の除去で、表皮の再生を促進させるというところにあります。エステなどでパックを行っている人もいます。

肌に元気がなくなってきたらパックをすることをおすすめします。あなたの肌の悩みや使い心地に合わせて、色々な効果のあるパックを使い分けるようにしましょう。では以下に主なパックの種類を紹介します。

・シートパック
美容成分をたっぷり含んでいるのがシートパックです。使い勝手が良く、簡単に栄養分を肌に送り込むことができます。

・クリームパック
クリーム状のパックで、水分と油分を同時に補給してくれるので、乾燥やシワが気になる方におすすめのパックです。

・拭き取りパック
クリームやジェル状のものを肌に塗ってから洗い流したり、拭き取ったりするタイプのパックです。毛穴の汚れを取ったり、水分を補ってくれたり、製品によりさまざまな効果があります。

・クレイパック
泥のパックです。泥の吸着効果で古くなった角質や、毛穴の奥の汚れを穏やかに取り除く効果があります。

・ピニールパック
先に化粧水や乳液、美容液を塗ってから行うパックです。ビニールパックをはがすときに、不要な角質や角栓を取り除いてくれます。

パックによっては、使った後にケアが必要なものもありますので、忘れないようにケアしましょう。また、パックの速効性に頼るばかりではなく、毎日のスキンケアをしっかり行うことも大切です。

その他

rich dad office
リッチダッドオフィスのHP 金持ち父さん貧乏父さんや不労所得について