化粧落とし

化粧落としはしっかりと行うようにしましょう。化粧落としにも種類があり、タイプによって肌への刺激や負担が違ったり、使用法も異なります。それぞれの特徴と短所を紹介していきましょう。

・ふき取りタイプ
シートに化粧落としが染み込ませてあるもので直接ふき取ります。手間いらずで楽なのですが、こすることで肌への刺激が強くなり、シミになる場合がありますので使い方に注意しましょう。

・オイルタイプ
一番種類が多く揃っていて、汚れが落ちやすいのが特徴です。乾いた手に取って(ものによっては濡れた手でも大丈夫)、メイクになじませ、ぬるま湯で流します。洗浄力は高いのですが、強すぎるために肌を傷めてしまうこともあります。

・ジェル状タイプ
さっぱりしていて使いやすいので、ベタつきが苦手な方におすすめです。水で洗い流すタイプとコットンなどでふき取るタイプ、また、洗顔料タイプと、高分子タイプ、オイルタイプなどがあります。のびが悪いタイプだと肌をひっぱってしまいがちで、シワやたるみの元にもなりますので気をつけてください。

・クリーム・乳液タイプ
水気が多くて刺激も弱く肌への負担が少ないタイプです。ただし水気が多い分、化粧が落ちにくいという評価が多くありましたが、近頃は保湿力もありながら洗浄力も高めのものが出ているようです。

メイクというのは、美しくつけた後は落ちにくいことが求められ、肌に負担をかけるものでもあります。健康な肌のために、家に帰ったら出来るだけ早めにメイクを落としましょう。なかなか出来ない…という方も多いと思いますが、手洗いやうがいのタイミングで同時にメイクも落とすと良いでしょう。メイクしている間は肌呼吸しにくい状態になっていますので、出来るだけ早めに落とすことが大切です。

その他

人生を変える!「不労所得の作り方」を学ぶ為には